サプリメント体験談

アクセスカウンタ

zoom RSS 活性液体ゼオライト(2)

<<   作成日時 : 2012/11/13 20:38   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

医師のコメント

マリア・スリンドロ-マ医学博士(カルフォルニア)
画像


「アンチエイジング(抗加齢)専門家、医師としてFDAが認可した静脈内に入れるデトックス製品を長年使用してきましたが、数年前からワイオラ社のゼオライトを使用した安価な製品に切り替えることによって、患者さん達に喜んでいただき、患者数も増やすことができました。ワイオラ社は国際的に急速に伸びることでしょう。」

アレックス・リー医学博士: 有資格内科医&胃腸科専門医、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医療センター臨床学助教授(カリフォルニア州ロサンゼルス)画像

「汚染物質、毒素、重金属などの発がん性物質が体内に蓄積すると、深刻な健康被害をもたらすことがわかっています。しかし、どんなに逃れようと努力しても、私たちの環境にこれらの有害物質が存在する限り、私たちは全員危険にさらされます。食事や生活習慣の改善で危険性をある程度軽減することができますが、十分とは言えません。環境要因はがんになる危険性を高めますが、ほとんどの場合、私たちはどうすることもできません。液体ゼオライトは、天然原料を使用した100%安全な独自の製品で、値段も手ごろで、使い方も簡単です。私は開業医としての経験から、がんになる危険性を減らす予防措置が、手術や化学療法、放射線治療よりもはるかに優れた選択肢であることを知っています。」 

スティーブン・トロビアーニ医学博士:ノーススター神経科クリニック疼痛治療科有資格
神経科医(ミネソタ州ミネアポリス/セントポール)画像

「『1オンス(約30g)の予防薬は1ポンド(約500g)の治療薬に値する』という古い格言は、がんに対して新しい解釈を持つようになりました。治療がめったに行なわれない場所では、1オンスの予防薬は、さもなければ効果がない
悲惨な治療と闘うことで短縮される人生の何年分にも値します。がんの大部分は私たちが摂取、吸入する毒素が原因で発生するため、予防は体から毒素を取り除くことを意味します。私自身が使用するのはもちろんのこと、家族や診察するすべての患者に活性液体ゼオライトを勧めています。」 

 ロス・テイラー医学博士 (オクラホマ州)画像

「科学者、医師として科学的に研究された原則に基づいて製造された製品は私や患者にとって重要なことです。製造過程においてその質や純度が十分に立証されていなければいかなる製品であれ推薦はできません。ワイオラ社の製品は私の期待通りに常に健康を高める高品質の製品を供給してくれています。」

 

放射能に関するガブリエル・カズンズ博士のメッセージ
画像


私は放射性物質を腎臓からのみでなく、体全体から安全に取り除くものとしてNCDを強く勧めます。研究者たちによりますと、NCDは一度結晶内に入った不純物を除去し活性化させているので、自然界のゼオライトそのものよりも、9-20倍の吸着率があるとみています。様々な研究でNCDが放射性物質、重金属、放射能などを排泄することは明白にされています。ある研究よるとチェルノブイリでの原発事故後、1枚から2枚のゼオライト入りクッキーを大人や子供に与えたところ、3日後には全ての放射能が除去されていたそうです。しかしながら、粉状の天然ゼオライトは消化器官(胃腸)を通ってのみ除去していきますが、NCDにおいてはミクロ化され活性化されているので、腸壁から体内組織、循環器にも入り込むので、血中や脳に溜まった放射性物質も除去することが可能です。それは非常に喜ばしいことで、NCDは体のすみずみから放射性物質を取り除く重要な役割をします。これは私が知る限り,一番安全で効果のある放射能除去剤です。私は1日10滴4回をメンテナンス用に、また10滴6回を被爆率が高い場合の使用にお勧めします。私が行った予備実験では劣化ウランを被爆した元米兵を対象に調査しましたが、NCD使用後、40人中38人が1週間後には劣化ウラン数値が完全にゼロとなりました。NCDはほとんどの放射性物質に効果があります。

放射能汚染除去に活躍するゼオライト
                                              
●現在福島原発で細かい軽石状のゼオライトが詰まっている米国製や国産の吸着タンクを本格的に稼動させ、セシウムなどで高濃度に放射能で汚染された水の処理を行っています。

●福島県の小学校の屋外プールでゼオライトを使って除染に成功。

●ゼオライトを使った水田の除染作業が福島県各地で行われ良い成果を上げています。最近の出荷報告ではただ一か所を除いてすべてのお米が基準値以下であったとのことです。

●福島県農業総合センター畜産研究所で放射能に汚染した餌にゼオライトを混ぜて乳牛に食べさせたところ搾乳したミルクから大幅にセシウムが低減していたことがわかりました。

●各地の汚泥や廃棄物処理場でゼオライトを使って放射線量を下げる作業が行われています。

●東京農大の後藤逸男教授(土壌学)の研究でゼオライトがセシウムを捕らえる「捕捉率」はほぼ100%、捕捉後のゼオライトからセシウムが再び水に溶け出す「放出率」は 約30%。結果的には、セシウムによる放射線を約70%も減らしてくれることがわかりました。今盛んに行われている表面を削るやり方だととてつもない労力と予算と労力、時間がついやされてしまいますが、ゼオライトをただ撒くだけで一時的には100%、時間がたっても70%の放射能を封じ込めてしまいますので、どこかに集積する必要が全くなく、そのままにしておけばよいのです。日本政府が早くこのことに気づいて、ゼオライトをまく方法で除染を進めて行ってほしいものです。
画像

.
画像
.
*放射性物質や重金属、化学物質のデトックス(排毒)に役に立つ「活性液体ゼオライト」についてのご質問、ご購入、お問い合わせは zeolite@aol.jp にどうぞ。.
.

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

.

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
活性液体ゼオライト(2) サプリメント体験談/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる